Androidホーム画面アプリ「Stoichome」(ストイックホーム)の機能を利用するためのランチャー探し、「ssFlicker β」はかなりお薦めです。(使い方その1)

 2012-04-22
ストイックホームは、直接起動できるアイテム数に限りがあるので、他のランチャーアプリと組み合わせることを念頭に開発されています。

ランチャーアプリとして、現在は「Smart Shortcuts」を利用していますが、これはこれでかなり便利で気に入っています。

今回紹介する「ssFlicker β」(Ver.0.9.3)は、インストール直後の画面や最初の諸設定にとっつきにくいところがありますが、その壁を乗り越えると自分好みの使いやすさにカスタマイズできるのではないかとおもいます。

機能として
起動できるアイテムは
・アプリ
・ショートカット
・ウィジェット
・ホームアプリ
・ファンクション(ssFlicker独自)
と豊富ですし、
2階層のランチャーで、配置できるアイテム数は最大133個です。

また、起動方法も多彩です。

・スポンサーリンク


1.起動直後の画面

SSFL001_convert_20120422161755.png ※見やすいように画面の背景を黒にして、ssFlickerの背景透明度を利用しないようにしています。デフォルトだと半透明で壁紙によってはかなり見にくいのでこの時点で印象が悪くなるかもしれません。


最初何をどうしたらいいか非常に戸惑ってしまうのですが、かなりの良アプリなので、あわてないでひとつひとつじっくりと見ていきます。

2.画面表示の設定(デフォルトとバリエーション)

・設定画面
SSFL002_convert_20120422161924.png

・背景・表示位置・アイコン/文字のデフォルト設定
SSFL003_convert_20120422165717.png

※ドックについて、デフォルトでは表示されない設定なっています。

・各設定のバリエーション
SSFL004_convert_20120422165736.png

SSFL005_convert_20120422165826.png

SSFL025_convert_20120424224710.png

SSFL026_convert_20120424224728.png

SSFL006_convert_20120422165854.png

SSFL007_convert_20120422165931.png

3.編集モード

・編集モード画面(デフォルト状態)

SSFL008_convert_20120422170123.png [menu]⇒「編集モード」

四角で囲まれた「ウィンドウ」とその下に「ドック」が表示されます。

この「ウィンドウ」は第一階層のウィンドウで、16個のポインタがあり、そのポインタに触れると第二階層のウィンドウが表示されて、そのウィンドウにアイテムを配置することができます。

「ドック」は、5個のポインタがあり、このポインタにアイテムが配置できます。


(1)第一階層のウィンドウに配置できるポインタ

SSFL009_convert_20120422170249.png 第二階層ウィンドウに
・ホームアプリを表示するポインタ(ssFlicker独自)
・起動したアプリの履歴を表示するポインタ(ssFlicker独自)
・実行中のタスクを表示するポインタ(ssFlicker独自)
・利用者がアイテムを配置するポインタ
の4種類があります。


(2)第二階層のウィンドウにアイテムを登録する方法

SSFL010_convert_20120422170354.png ・「+」追加のポインタを軽く押さえるとポインタの選択画面が表示されるので、「○」ポインタにフォーカスが来るように画面を押さえたまま軽く移動させて離します。(※スワイプ)

そうすると「+」追加が「○」ポインタに替わります。

SSFL011_convert_20120422170438.png


SSFL012_convert_20120422170602.png ・今度は、その「○」ポインタを軽く押さえるとメニュー画面が表示されるので、メニュー画面の「・・・」開くにフォーカスが来るようにスワイプします。

・第二階層ウィンドウの編集画面になります。
SSFL013_convert_20120422170634.png


SSFL014_convert_20120422173305.png ・第二階層ウィンドウになるので、そこでアイテムを配置したい場所にある「+」追加を軽く押さえて、配置したいアイテムの種類にフォーカスが来るようにスワイプします。

※配置できるアイテムの種類
・アプリ
・共有サプリ
・ウィジェット
・ホームアプリ
・ショートカット
・提供されたファンクション
です。


・アイテム種類にスワイプすると各選択画面になります。
SSFL015_convert_20120422180006.png

SSFL016_convert_20120422180044.png

(例)「Gmail」アプリを登録してみます。

SSFL017_convert_20120422180122.png ・第一階層ウィンドウの「○」ポインタからメニュー画面の「・・・」開くにスワイプ
・第二階層ウィンドウの「+」追加からアイテム選択画面の「アプリ」にスワイプ
・「アプリを選択」画面から「Gmail」をタップ
で登録完了
SSFL018_convert_20120422180159.png


SSFL019_convert_20120422180338.png ・第二階層ウィンドウの真ん中の「○」からメニュー画面の「編集」にスワイプ
・アイコンと名称を設定します。
SSFL023_convert_20120422180507.png

SSFL022_convert_20120422180537.png


SSFL024_convert_20120422180621.png フリックモードに戻して、第一階層ウィンドウの「通信」を軽く触れると第二階層ウィンドウが表示されるので、「Gmail」にフォーカスするようにスワイプするとGmailが起動します。


ちょっと面倒ですが、ポインタごとにカテゴリ決めてアイコンと名称を設定して、そのカテゴリにあてはまるアプリ等を登録するということになるでしょう。

今回はここまで

-了-

・スポンサーリンク


-了-

関連記事
カテゴリ :Androidホームアプリ ストイックホーム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫