スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

【Androidアプリ】 ホームアプリ「Smart Launcher」の実践例 『Xperia Z4』のホーム画面をカスタマイズしてみました。

 2016-03-04
今年1月に、3年使っていた「HTC j butterfly」から、「Xperia Z4」に機種変更しました。

「HTC j butterfly」のときは、「ストイックホーム」をベースにホーム画面をカスタマイズしていましたが、「Xperia Z4」に替えて、ハード・OSとも性能が上がっており、「Smart Launcher」を中心に、いままでに当ブログで紹介してきたカスタマイズ系アプリを組み合わせて「Xperia Z4」を使いやすくしてみました。

「Smart Launcher」のカスタマイズの実践編です。

※今回カスタマイズに使用したアプリ
ホームアプリ(メイン):「Smart Launcher Pro」(Ver.3.12.12)※無料版でもここで紹介した設定はできます。
ホームアプリ(サブ)「Apex Launcher Pro」(Ver.3.1.0)※無料版でもここで紹介した設定はできます。
・ライブ壁紙:「Overlay Skin」(Ver.1.6.1)

1.カスタマイズした「Xperia Z4」のホーム画面

xz15_convert_20160304152829.png
xz01_convert_20160304094132.png
xz02_convert_20160304094151.png

1)画面のオン/オフについて

・「Xperia Z4」には、画面オフ状態でも画面をダブルタップすると画面をオンにできる機能があります。
・また、「Smart Launcher」には、独自のアクションとして「画面オフ」があるので、ホームボタンをダブルタップしたときに画面オフするように設定します。
これで、電源ボタンは、再起動以外使うことがなくなります。

2)ホーム画面の構成

・「Smart Launcher」をデフォルトのホームアプリに指定して、ホーム画面ドロワー画面を利用します。(ウィジェット画面は利用しない)
ウィジェットは、4画面同時に確認できるように「Apex Launcher」を利用しています。
・壁紙は、一週間のスケジュールが確認できるライブ壁紙の「Overlay Skin」を利用しています。

3)アプリ(アイコン)

ホーム画面上に、アプリアイコンは見えないようにしておき、小さな白丸をタップして「クイックスタート」を表示します。
・クイックスタートには、いつも使うアプリのみ配置します。
・次によく使うアプリは、ドロワーに「お気に入り」のカテゴリーを作って、そこに配置します。ホーム画面を右にスワイプすることで表示できます。
・その他のアプリは、デフォルトのカテゴリー分けに任せます。

2.ホームアプリ「Smart Launcher」の設定

・「Smart Launcher」の設定画面
xz14_convert_20160304121648.png

「Smart Launcher Pro」をメインのホームアプリにしている理由は

ホーム画面において、自分好みのカスタマイズが可能なこと。

ドロワー画面において、デフォルトでカテゴリー分けできていること。

・ハードボタンにアイテムの割り当てが可能なこと。

といったところです。

※「Smart Launcher Pro」の設定についての詳細は、こちらをご覧ください。
ホームアプリ『Smart Launcher Pro』の使い方(1回目) -スマートフォンのホーム画面を徹底的にカスタマイズしてみよう-

1)「ホーム画面」の設定

ホーム画面には、なるべくアイテムを置かない方針です。

xz03_convert_20160304100300.png ①クイックスタートのレイアウト:グリッド

②クイックスタートの列数:5

③バブルのスタイル:なし
xz05_convert_20160304100925.png
※素のアプリアイコンを使うために「なし」としています。

xz04_convert_20160304100323.png ④アイコンのダブルタップ:有効

⑤ダブルタップにアイテムを割り当てたことがわかるアイコン表示にします。

⑥バブルの表示方法
xz06_convert_20160304101622.png
※上記設定で、ホーム画面にアプリアイコンを表示しないようにすることができます。

⑦ボトムボタン:表示しない

2)ドロワー設定
xz07_convert_20160304110622.png ①縦画面時の列数:4

②アイコンラベル:表示する

③カテゴリーリスト:左側に表示

④カテゴリーラベル:表示する

3)ジャスチャー

xz08_convert_20160304111821.png ①ホームボタン ダブルタップ:「画面オフ」を設定

②画面 ダブルタップ:「Apex Launcher」の画面プレビューを表示

③画面 上下スワイプ:ステータスバーを非表示/表示
xz09_convert_20160304113206.png

※「Apex Launcher」の画面プレビューを表示について
xz10_convert_20160304113924.png ・「ショートカット」⇒「Apexアクション」⇒「プレビュー」

※利点は、4画面に配置したウィジェットを一度に確認できるところです。
(あと、背景に壁紙を表示しないようにできるところ)

xz11_convert_20160304113940.png

4)テーマ
xz12_convert_20160304115011.png ・テーマは、背景が「黒」系のものを選択します。(ドロワー画面の背景を壁紙ではなく黒にするため)

※テーマは、ドロワー画面にだけ適用します。

xz13_convert_20160304115026.png

5)ウィジェット:使用しない
6)アニメーション:デフォルトのまま
7)検索バー:使用しない
8)ロック画面:使用しない
9)その他の設定:通知は使わない

3.壁紙

壁紙は、ライブ壁紙の「Overlay Skin」を使っています。

「Ovely skin」のいいところは、
・Googleカレンダーと連動して一週間のスケジュールがわかるところ。(今まで、このようなアプリには出会っていない)
・壁紙(画像)を画面オンごとに自動でチェンジしてくれるところ。
・カスタマイズ性に優れているところ。
です。

※「Overlay Skin」の詳細はこちらをご覧ください。
Androidホーム画面アプリ「Stoichome」(ストイックホーム)を最大限に生かすライブ壁紙「Overlay Skin」

4.アイコンのダブルタップについて

「Smart Launcher」では、アイコンをダブルタップしたときに起動するアイテムを設定できます。

※詳細はこちらをご覧ください。
ホームアプリ『Smart Launcher Pro』の使い方(2回目) -スマートフォンのホーム画面を徹底的にカスタマイズしてみよう-

-了-

関連記事
カテゴリ :Androidアプリ ホーム画面編 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。