スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

Microsoftが提供する新しいスタイルのホームアプリ「Arrow Launcher」の使い方

 2015-11-01
ちょっと意外かもしれませんが、Microsoft社からAndroidデバイス向けのホームアプリ「Arrow Launcher」(Ver.1.0.0.17608)が提供されました。

ホームアプリの構成は、「ホーム画面」「ドック」「ドロワー画面」とオーソドックスですが、「ホーム画面」の中には、連絡先の履歴・最近使ったものの履歴・ToDoリストといった従来のホームアプリにはないユニークなページがあらかじめ用意されています。

その構成や設定をみると、カスタマイズ性を重要視するのではなく、利用者の行動を注視して、そこから使い勝手のいいホーム画面を自然と作っていくという発想のようです。

通常は、使い勝手をよくするために利用者が一生懸命にカスタマイズしますが、使っているうちにアプリが自然にカスタマイズしていってくれて、利用者がカスタマイズ部分を最小限に抑えているという感じです。

ar001_convert_20151101052411.png

※使うにあたっての注意点
・インストールすると壁紙がリセットされます。
・ライブ壁紙は利用できません。
・ショートカットは利用できません。
・Marshmallow(Android 6.0)には、まだ対応していません。

1.ホーム画面の構成

1)ホーム画面

ホーム画面は、次の5つのページから構成されていて、それぞれページ数を増やすことはできません。(上下のスクロールは可能) ただし、ページを隠すことは可能ですし、ページ順の変更も可能です。

①Apps
ar002_convert_20151101052432.png よく使用するアプリのアイコンが配置されます。

最初の起動時に、最優先で表示するアプリを最低5つ選択するよう求められます。
あとは、使用頻度の多い順にアプリアイコンが表示されると思われます。

このページをカスタマイズすることはできません。


②People
ar003_convert_20151101052448.png よく使用する連絡先が配置されます。


③Recent
ar004_convert_20151101052503.png 最近使用したアイテムが表示されます。


④Widgets
ar005_convert_20151101052519.png ウィジェットを配置できます。上下にスクロールが可能です。

※どこまでできるかは試していません。


⑤Notes & Reminders
ar006_convert_20151101052535.png メモやToDoが管理できます。


2)ドック

・ドックの全体像
ar007_convert_20151101052743.png ホーム画面の下側(ドックの一部)を上にスワイプするとドックの全体像が現れます。

上2段が、アプリあるいはフォルダを自由に配置できるスペースで、その下に、クイック設定のアイテムがあり、さらに下には「ページ編集」とこのアプリの「設定」ボタンがあります。
※1段目の真ん中にある「ドロワー」アイコンの位置は変更できません。

クイック設定アイテムには、
・機内モードのオン/オフ
・WiFiのオン/オフ
・Buletoothのオン/オフ
・懐中電灯のオン/オフ
・自動回転のオン/オフ
・画面の明るさの調整
がありますが、アイテムの入れ替え・順番変更等のカスタマイズはできません。


3)ドロワー画面

ar012_convert_20151101060358.png ドックにあるドロワーアイコンをタップするとドロワー画面が表示できます。


ドロワー画面は、「APPS」タブ(アプリ一覧)と「WIDGETS」タブ(ウィジェット一覧)で構成されていて、ABC順に並んでいます。
(日本語名は最後の「#」になります)
ドックや「Widgets」ページにアイテムを配置するときは、ここからそのアイテムを長押ししてドラック&ドロップします。

・ドロワー画面
ar008b_convert_20151101052554.png

2.ページの管理方法

ホーム画面に表示するページは、5つであらかじめその役割を持っています。ページを増やすことはできませんが、ページ管理画面から、ページの非表示やページの表示順を変更することはできます。

1)ページ管理画面の表示方法

ホーム画面の空白場所を長押しする。
または
②ドックの全体像の一番下にある「Edit Page」をタップ

・ページ管理画面(全体)
ar009b_convert_20151101052611.png

ar011b_convert_20151101052628.png

・ページ管理画面
ar013_convert_20151101060417.png 2)特定のページを隠す方法

「ページ管理画面」で、ページの上にある「目玉」マークをタップすることでページの表示/非表示ができます。

3)ページに順番を入れ替える方法

「ページ管理画面」で、移動したいページを長押しして移動先までドラック&ドロップします。

4)デフォルトページの設定方法

ハードの「ホームボタン」をタップしたときに表示されるページを設定できます。
「ページ管理画面」で、ページの上にある「家」マークをタップするとそのページがデフォルトページになります。


3.ドックのカスタマイズ

ドックには、お気に入りのアイテム(アプリ・フォルダ)を最大9つ配置できます。

1)ドックにアプリを配置する方法

①「Apps」ページにあるアプリアイコンを長押ししてドックまでドラッグ&ドロップ
または
②ドロワー画面の「APPS」タブで、アプリアイコンを長押ししてドックまでドラッグ&ドロップ

2)ドックでフォルダを作成する方法
ar014_convert_20151101060433.png

アプリアイコンを他のアプリアイコンまたはフォルダの上までドラッグ&ドロップします。

※1つのフォルダに格納できるアプリの数はわかりませんが、フォルダアイコンでアプリアイコンが4つまで識別できるので、4つまでが理想かと思います。

・フォルダを展開したところ
ar015s_convert_20151101082107.png


4.「Widgets」ページにウィジェットを配置する方法

①「ページ管理画面」で、「Add Widget」をタップ⇒ドロワー画面の「WIDGETS」タブからウィジェットをタップ
または
②ドックのドロワーアイコンをタップ⇒ドロワー画面の「WIDGETS」タブからウィジェットをタップ

ar027_convert_20151101142703.png ・ウィジェットは、下方向に配置可能で、ページが増えるとスクロールバー(赤枠)が表示されて上下のスクロールが可能になります。


5.「Apps」ページから不要なアプリを隠す方法

「Apps」ページで、隠したいアプリアイコンを長押し⇒「Hide」が表示されるので、「Hide」までアイコンをドラック&ドロップ
ar016_convert_20151101082122.png ※復活する方法
・ドックの全体像の一番下にある「Settings」をタップ⇒設定画面で「Hide apps」をタップ⇒復活したアプリの「UNHIDE」をタップ
ar017s_convert_20151101082138.png


6.「Notes & Reminders」の使い方

ar018_convert_20151101081841.png 1)メモまたはToDoを入力⇒ToDoリストに追加されます。
※□部分をタップすると削除されます。
※☆部分をタップすると順番が変わります。

2)リマインダーが必要なときは、文字上をタップ⇒ベルマークをタップ⇒時刻を設定して保存
ar019s_convert_20151101081909.png

・アラート時刻が表示されます。
ar020s_convert_20151101081927.png


3)設定したアラート時刻が到来するとホップアップが表示されるので、「close(閉じる)」か「snooze(後でアラート)」(5分後)か「complete(完了)」のいずれかをタップ(選択)します。

・ホップアップ
ar021_convert_20151101081943.png ・「snooze」を選択すると、アラート時刻が5分後になります。
ar022s_convert_20151101081958.png

・「complete」を選択するとcompletedに移動します。
ar023s_convert_20151101082012.png

※「レ」をタップするとToDoリストに復活します。
※「×」をタップすると完全削除になります。


7.壁紙の設定

壁紙設定画面の表示方法は、

①「ページ管理画面」で、「Wallpaper」をタップ
または
②ドックの全体像の一番下にある「Settings」をタップ⇒「Change wallpaper」をタップ

壁紙は、自分自身で固定で設定するか、日替わり(おまかせ)で設定する方法があります。

・壁紙設定画面
ar024_convert_20151101091844.png 1)日替わり設定:「Enable daliy Bing wallpaper」をオンにします。
ar025s_convert_20151101091900.png

・10/31はハロウィン仕様でした
ar026s_convert_20151101091919.png


2)固有設定

用意されているサンプルをタップしてダウンロードするかまたは「+」Customをタップして写真等から壁紙に設定します。

・サンプル
ar028b_convert_20151101145740.png

※ライブ壁紙は設定できません。

8.最後に

Microsoft社が開発していること、また、バージョンがまだ1.0なので、今後に期待したいと思います。

個人的には
・Marshmallow(Android 6.0)への対応
・Widgetsページでのジェスチャー
・ショートカットの配置
・ライブ壁紙の設定
を要望したい。
-了-

関連記事
カテゴリ :Androidアプリ ホーム画面編 トラックバック(-) コメント(-)
タグ : Android ホーム画面
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。