シンプルイズベストなサイドバー型サブランチャー「FlipLauncher」は、設定がとても簡単な初心者にやさしいアプリです。

 2014-12-20
Android端末を使っていて、どの画面からでもアプリを起動したいと思ったことは誰にでもあると思います。

Androidアプリのひとつのカテゴリに、所謂サブランチャーというものがあります。

どの画面からでも起動できるようにするために、その起動方法はアプリによってさまざまです。
大別するとつぎの4つに集約されます。

・ジェスチャー系(画面をタップ、スワイプ等することで起動)
・ボタン系(ホームボタン、検索ボタンをタップ、スワイプすることで起動)
・ステータスバー系(ステータスバーにあるアイコンをタップすることで起動)
・センサー系(デバイスを振ったり、手をかざす等で起動)

今回紹介する「FlipLauncher」(Ver1.3.45)は、ジェスチャー系に属します。
できることが非常にシンプルで、その設定も簡単なので、初めてサブランチャーを使ってみたい方々にお薦めです。

※使用端末:HTC Desire HD



・スポンサーリンク


★★使い方

flip01_convert_20141019093343.png メニュー⇒「使い方」で左の画面を表示できます。
使い方の説明が表示されます。

※赤い枠線が「フリッパー」の先端になります。
初期設定では、縦画面のとき左側に6つ、横画面のときも左側に4つ用意されています。
flip02_convert_20141019093400.png


・縦画面モードの設定画面(起動画面)
flip03_convert_20141019093423.png

アプリを起動すると設定画面になります。

縦画面の場合、フリッパーが6つあり、それぞれについて
・利用するかしないかのの設定
・画面のどちら側(左側/右側)に置くかの設定
・色の設定
ができます。

・アイテムは、6×4で24個まで設定可能です。

※横画面の場合は、縦画面の設定とはリンクしていないので、こちらも個別に設定しなければなしません。


・横画面モードの設定画面
flip04_convert_20141019093442.png


★★フリッパーの設定について
flip05_convert_20141019093522.png



①:個別のフリッパーを利用するかしないかを設定する

②:個別のフリッパーを画面のどちら側に置くかを設定する。

③:個別のフリッパーの色を設定する。
flip06_convert_20141019093538.png




flip08_convert_20141019093613.png ④:起動するアイテムを設定する。(フリッパーを引き出し、「+」部分をタップ)
flip07_convert_20141019093558.png
⑤:フリッパーの透明度を設定する。
flip10_convert_20141019093656.png      ⑥:フリッパーの先端部分の幅を設定する。
     flip09_convert_20141019093633.png


★★アイテムの設定

flip11_convert_20141019105716.png ・フリッパーを引き出し、「+」部分をタップします。

・アプリはもちろん、ショートカットが利用できるので、直接電話・各種設定・ブックマークも設定可能。

※「PopupWidget」を使えば、ウィジェットの設定も可能。
・アプリの設定画面
flip12_convert_20141019112958.png

・ショートカットの設定画面
flip13_convert_20141019113018.png

設定は以上で、カスタマイズの範囲を極力抑えているので、非常にシンプルで初めてサブランチャーを使ってみようという方々にとっては、サブランチャーとしての最低限の機能を備えているので、最適なアプリだと思います。



・スポンサーリンク


-了-

関連記事
カテゴリ :Androidアプリ サブランチャー編 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫