Androidタブレットで利用できる操作性に優れたブラウザアプリは何なのか!!ブラウザアプリまとめ9選(2013年5月版)

 2013-05-12
「Nexus7」に適したブラウザは何か。というテーマで、2012年11月に各ブラウザアプリを比較してみましたが、半年が過ぎて、各ブラウザのバージョンもあっがているので、あらためて現在の状態で評価して見ました。

半年経って、「Sleipnir Mobile」がものすごい勢いで進化しているのに驚きました。サブブラウザを換えてもいいかと思うほどです。
今回の評価も前回と同じで、操作性にこだわっています。
新しく横画面でのフルスクリーン機能について追加しました。

評価は、あくまでも主観的なものになります。参考にしてください。

・スポンサーリンク




◆◆最新の比較はこちらになります。◆◆


◆◆◆まとめ表(★:1p、☆:0.5p) AndroidOS:Ver4.2.2
  Chrome Firefox xScope Maxthon Boat Sleipnir Y!ブラウザ Opera Dolphin
画面表示 見やすさ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆
カスタマイズ
FlashFlayer
タブ管理 新タブ表示画面
タブ管理バー
タブ切り換え
リンク新タブ表示
履歴遷移 ボタン位置
ジェスチャー
再読込
横画面フルスクリーン機能 ☆★ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆


ブラウザのバージョン
・Chrome(Ver26.0.1410.58)※2013/4/3(DL:50,000,000+)
・Firefox(Ver20.0.1)※2013/4/20(DL:10,000,000+)
・xScope Pro(Ver7.27)※2013/1/17(DL:100,000+)
・Maxthon Browser(Ver4.0.4.1000)※2013/4/23(DL:1,000,000+)
・Boat Browser(Ver5.5)※2013/4/24(DL:1,000,000+)
・Sleipnir Mobile for Android(Ver2.9.1 Update1)※2013/4/26(DL:100,000+)
・Y!ブラウザー(Ver1.4.3)※2013/4/22(DL:500,000)
・Opera Mobile(Ver12.1.3)※2013/35(DL:10,000,000+)
・Dolphin Browser(Ver9.4.1)※2013/5/4(DL:10,000,000+)

◆◆◆評価のポイント

◆◆画面表示
・文字の大きさが設定できる⇒☆
・拡大/縮小ボタンの表示できる⇒☆
・カスタマイズ⇒(完全に主観的)細かく設定可:★、やや細かく設定可:☆
・FlashFlayerが機能する⇒★ 

◆◆タブ管理

・新規タブ表示画面⇒それぞれのブラウザに特色があり、優劣は付けがたい。主観的には「ブックマーク」ではなく、個別に設定できる方がベター(☆)。
・タブ管理バーあり⇒★(あっても見にくい場合は☆)
・タブ切り換え⇒スワイプ(ジェスチャー)で切換可:★(機能があっても使いにくい場合は☆)
・リンク新規タブが画面表示される⇒★

◆◆履歴遷移

・「戻る」「進む」ボタンの位置⇒画面下方:★、画面上方:☆
・ジェスチャーあり⇒★(機能があっても使いにくい場合は☆)
・履歴遷移するときに再読込しない⇒★

◆◆横画面フルスクリーン機能

・フルスクリーン機能あり:☆
・操作性:優:★、良:☆

★★★2012年11月版からの進化

★★「Sleipnir Mobile for Android」の著しい進化

バージョンが2.4⇒2.9になり、その間に
・タブ切換えのジェスチャー追加
・ジェスチャーのカスタマイズ
・タブバーのカスタマイズ
・アクションパネルのカスタマイズ
と操作性が格段に向上しています。
特に、タブの連続切換えのジェスチャーは秀逸です。

★タブの連続切換えのジェスチャー

・設定⇒ジェスチャー
BRS020_convert_20130512065458.png 「画面外から左右スワイプ」で「タブを連続して切り替え」を選択 BRS021_convert_20130512065531.png

・実際の操作
BRS023_convert_20130512065601.png ・画面外からスワイプすると画面中央に現在タブとして開いているホームページの小さな画面が連続して表示されます。
・さらに(左右)スワイプして見たいホームページを中央の水色の枠に合わせて離すとそのページが表示されます。


・スポンサーリンク




・スポンサーリンク


-了-



■■最近の話題■■

・Chromecastが日本でも発売になりました。(2014/5/28)
超簡単に、「YouTube」がテレビの画面で見ることができます。
価格も手頃ですし、「Hulu」が対応してくれればいうことなしです。
(対応したいとえらい方がおっしゃっていましたが)
期待しています。
関連記事
カテゴリ :まとめシリーズ トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫