ウィジェットをどの画面にも表示できる「Widget Window」は超便利で画期的なアプリです。これで「ストイックホーム」にもウィジェットを置くことができます。

 2012-09-02
「Widget Window」(Ver.2.04)は、どの画面にもウィジェットが表示できる超便利であり、 他のアプリと組み合わせることで、ウィジェットの表示・非表示がどの場面でも可能になる画期的なアプリです。

ウィジェットを置くワークスペースが4つ(単純に4画面あると考えてもいいです)準備されています。
また、ウィジェットを重ねることも可能なので、かなりの数のウィジェットを利用することができます。

ショートカット、ウィジェットも用意されているので、使い手の工夫次第で、利用価値の高いアプリになるうるでしょう。

どの画面にもウィジェットを表示できるので、「ストイックホーム」画面にもウィジェットの配置が可能で、「ストイックホーム」の唯一の弱点を補ってくれます。

・スポンサーリンク


ヘルプが充実しているのですが、百聞は一見にしかずなので、画面を踏まえて紹介したいとおもいます。

1.最初の起動画面と[menu]押下時画面

WW001_convert_20120901204911.png 左:最初の起動画面で[menu]ボタンを押したところ(ウィンドウが空のウィンドウ一覧画面になります)
下:メニューの「新しいウィンドウ」をタップしたところ

WW002_convert_20120901204944.png


2.ウィジェットの登録

とりあえず表示したいウィジェットを登録します。

WW003_convert_20120901205018.png

<Tips>
「Widget Windowコントロール」は必ず登録することをお薦めします。


3.ワークスペースの活用

ワークスペースは4つ用意されています。ワークスペースごとに表示するウィンドウ(ウィジェット)を決めていきます。
(ここのところが初めちょっとわかりにくかったので、次のようにしました。)

WW007_convert_20120902065106.png ・「Widget Windowコントロール」に「+」「1」「2」「3」「4」とアイコンが並んでいますが、アイコンの背景が濃くなっているのが現在のワークスペースナンバーです。
(左:すべてのウィンドウ(ウィジェット)を表示したワークスペース1の状態)

※ウィンドウ一覧画面の項目と項目をタップしてときにメニューが見えにくいようでしたら、ウィンドウ(ウィジェット)を移動してください。


WW008_convert_20120902065141.png ・次にワークスペースナンバー「2」をタップ⇒項目「3G watchdog(大)」をタップ⇒「ウィンドウを隠す」 で下の画面になります。

WW009_convert_20120902065253.png


以下、同様にワークスペース「3」「4」を編集します。
※非表示のウィンドウ(ウィジェット)を表示したいときも同様です。

<Tips> ワークスペース4は、すべて非表示にすることをお薦めします。
(どの画面でもウィジェットが表示されるので、非表示のワークスペースを作成し、そのワークスペースを選択することでウィジェットを画面から消すようにします)

4.表示位置や表示形態の調整

WW010_convert_20120902074939.png ・表示位置は、タイトルバーをドラッグすれば好きな位置に移動できます。
・表示のサイズ変更は、タイトルバー長押しで枠が表示されるので、枠を左右上下に動かしてみてください。

WW011_convert_20120902075014.png

※「タイトルバー」:ウィンドウの上(ウィジェット以外)の部分


・タイトルバーの色、ウィンドウの色(背景)

WW012_convert_20120902075043.png ウィンドウごとに設定でき、項目長押しのメニューから「タイトルバーの色」「ウィンドウの色」をタップして色と透明度を決めます。


・タイトルバーの大きさ

WW013_convert_20120902075125.png [menu]⇒「設定」⇒「タイトルバーのサイズ」からタイトルバーの大きさを決めます。
左:「さらに大きく」、右:「さらに小さく」を設定した場合


・タイトルバーのアイコン、文字、アイコン化ボタン、閉じるボタン

WW014_convert_20120902083513.png 文字以外は、[menu]⇒「設定」から表示・非表示が設定できます。
文字はウィンドウごとに名称変更できます。(クリアも可)

左:アイコン、アイコン化ボタン、閉じるボタンを非表示 「3G Watchdog」は文字クリアしたところ


5.Widget Windowのショートカット

WW015_convert_20120902083444.png ショートカットは、それぞれのワークスペースを直接表示できます。また、現在のワークスペースで非表示のウィンドウ(ウィジェット)を表示することもできます。(下)

WW016_convert_20120902083539.png


6.ウィジェットの表示と非表示(他のアプリとの組み合わせ)

ストイックホームでは、常時見たいウィジェットを配置できなかったのですが、この「Widget Window」を利用することで可能になります。

WW017_convert_20120902104736.png 「3G Watchdog」のウィジェットを配置してみました。


WW018_convert_20120902104758.png どの画面でもウィジェットが表示されてしまうので、検索ボタン長押しでワークスペース4に切換えるようにしました。
(ワークスペース4をすべてのウィンドウ(ウィジェット)非表示に設定したのはこのためです。)

他のアプリ(たとえばSwipePad等)とのコラボはまだまだあるはずです。今お使いのアプリで研究して見てください。


・スポンサーリンク


-了-

関連記事
カテゴリ :Androidホームアプリ ストイックホーム トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫