Androidスマートフォン「HTC Desire HD」の後継端末を探す。(その4)Windows Phone 8 について

 2012-06-23
このほど、マイクロソフト社より、携帯端末用OS「Windows Phone 8」に関する発表がありました。

今回の大きな特徴は、OSのコアな部分をPC向けOS「Windows 8」と共通化するということです。

他に
・デュアルプロセッサのサポート
・画面解像度:1280×768と1280×760のサポート
・Wallet(いわゆるお財布ケータイ)対応
・ブラウザとしてIE10
等々いいことずくめで、

これでやっとAndroidスマートフォンに追い付きそうな感があります。

・スポンサーリンク


実は、「HTC Desire HD」の前は、Windowsスマートフォン(OS:WindowsMobile6.1)を使っていましたが、残念ながら、こちらが期待していたほどのパフォーマンスを発揮してくれませんでした。

このAndroidスマートフォン「HTC Desire HD」に出会って、やっとスマートフォンの素晴らしさを実感できたわけで、出会ってから既に1年半余が過ぎ、まだまだ現役続行可能ですが、自身の環境をIT技術の日進月歩に追い付かせるために次期端末を探しているところです。

これまでブログにも記していますが
・HTC社の日本仕様Androidスマートフォン
・グーグルタブレットを視野に入れた7インチAndroidタブレット
で検討を始めていますが、
今回のマイクロソフト社の発表を受けて、WindowsPhoneも後継端末候補に入ってきました。

ノキア、ファーウェイ、サムスン、HTCから、年末に発売予定(日本ではもっと遅れるでしょうが)のようです。

ますます「HTC Desire HD」の後継端末選びが楽しくなってきました。

-了-

関連記事
カテゴリ :HTC Desire HD トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫