SIMフリースマートフォン 6インチ対決【ASUS ZenFone 2 Laser】vs【Freetel 極】のスペック比較(おまけ保証比較)

 2015-11-24
SIMフリースマートフォンとして6インチの大画面のものが、相次いで発売されました。
ASUS製の「ZenFone 2 Laser」とFreetel製のSAMURAIシリーズ「極」です。

ASUSは、日本でのSIMフリースマートフォンの販売第1位を目指し(今のところ達成中)、一方Freetelは、SIMフリーキャリア(SIMカードと独自のSIMフリースマートフォンの同時提供)として日本での確固たる地位を築こうとしています。

ASUSのZenFoneシリーズは、昨年の11月に日本で発売してから1年で、「ZenFone 5」「ZenFone 2」「ZenFone 2 Laser」「ZenFone Selfie」とエントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広く提供して、目指す販売第1位を獲得しています。

Freetelは、SIMカードを提供しつつ、SAMURAIシリーズとして、今秋よりSIMフリースマートフォンの提供を開始しました。

スマートフォン全般に、大型傾向にあるのは、ネットユーザーにとってはありがたいことですが、電話としては、6インチが限界ぎりぎりの範囲と思います。



・スポンサーリンク


SIMフリースマートフォン 6インチ対決【ASUS ZenFone 2 Laser】vs【Freetel 極】のスペック比較(おまけ保証比較) の続きを読む

関連記事
カテゴリ :スマートフォン トラックバック(-) コメント(-)

Microsoftが提供する新しいスタイルのホームアプリ「Arrow Launcher」の使い方

 2015-11-01
ちょっと意外かもしれませんが、Microsoft社からAndroidデバイス向けのホームアプリ「Arrow Launcher」(Ver.1.0.0.17608)が提供されました。

ホームアプリの構成は、「ホーム画面」「ドック」「ドロワー画面」とオーソドックスですが、「ホーム画面」の中には、連絡先の履歴・最近使ったものの履歴・ToDoリストといった従来のホームアプリにはないユニークなページがあらかじめ用意されています。

その構成や設定をみると、カスタマイズ性を重要視するのではなく、利用者の行動を注視して、そこから使い勝手のいいホーム画面を自然と作っていくという発想のようです。

通常は、使い勝手をよくするために利用者が一生懸命にカスタマイズしますが、使っているうちにアプリが自然にカスタマイズしていってくれて、利用者がカスタマイズ部分を最小限に抑えているという感じです。

ar001_convert_20151101052411.png

※使うにあたっての注意点
・インストールすると壁紙がリセットされます。
・ライブ壁紙は利用できません。
・ショートカットは利用できません。
・Marshmallow(Android 6.0)には、まだ対応していません。

・スポンサーリンク


Microsoftが提供する新しいスタイルのホームアプリ「Arrow Launcher」の使い方 の続きを読む

関連記事
カテゴリ :Androidアプリ ホーム画面編 トラックバック(-) コメント(-)
タグ : Android ホーム画面
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫