血圧が高いと言われてしまったら 【高血圧に対する知識と降圧対策編】

 2016-12-28
 人間ドックで、血圧が少し高め(軽度の異常)という結果が出て、一度ドクターの診察を受けたほういいというアドバイス受けました。
 ドクター初診のときは、「白衣高血圧」(病院の診察室などで普段よりも高い血圧が計測される現象)かもしれないので、1か月間家庭でリラックスした状態(朝食事前)で血圧を測って診せてください。と言われ、その結果、140-90と診断され、現在経過観察中の身です。

 経過観察とは、生活習慣を改善しつつ、家庭で毎日血圧測定をして、3か月後に再度ドクターの判断(診察)を仰ぐことになります。
 生活習慣の改善とは、「塩分の過剰摂取」「体重増加」「運動不足」にならないようにすることです。

 血圧に対する知識が、まったくなく、わからないこと(疑問)だらけなので、疑問を解くために知識を高めることにしました。
 知識を高めるといっても、「本」や「ネット」からの受け入れになってしまいますが、自身が納得できるよう、疑問をひとつひとつ解いていこうと思います。

血圧が高いと言われてしまったら 【高血圧に対する知識と降圧対策編】 の続きを読む

カテゴリ :高血圧 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫